記事タイトル

Rapha Gentlemen's Race Oguni


 ラピュタの道を登る選手たち。
勝手にこんな表紙作って怒られないかちょっと心配です(笑)。


お伝えしていた通り4/19(土)にRapha Gentlemen's Race Oguniが開催されました。
当日は販売のみの営業となりご迷惑をお掛けしました。
素晴らしいイベントでしたので詳細をお伝えしたいと思います。





小国町の木魂館スタート。
Rapha Gentemen's Raceとはレースと名がつくけど一般のレースとは違います。
公道を使って交通ルールを守り5名のチーム員が揃って困難を克服して行く
アドベンチャーライドですのでスタートも参加24チームが1チームごと3分おきに出て行きます。





朝日の射し込む小国杉の林の中を駆け抜けるビューティフルな女子Team BNP。





マウンテンバイクでもないのに平然と悪路を克服する水曜会のメンバー。
今回は当店をリスペクトしてくれ「茶のこXRB(クロスロードバイシクル)」という名前で参戦。
空気を読めないしゃかりきの走りで(笑)見事1位を獲得。





辿り着いたチェックポイント1で一休み。
常連チーム同士の話が弾みます。





130kmで3300mを登るタフなコースなのに
なんとシングルスピード(変速機なし)のバイクを発見!





ファームロードからBEARさんへの砂利道(グラベル)をこなし
私設のエイドで休憩する当店がスポンサーするGINRIN Kumamotoのメンバー。





昨日までの天気がウソのように晴れた強運のライダーたち。
Team TAMAGAWAのジャージは粋でした!





Raphaのお膝元、八ヶ岳からのチームも参戦。





阿蘇に下ったあとは通称ラピュタの道でKOM(キングオブマウンテン)。





私が所属するセレクシオン南九州のアドバイザーも勤める
元全日本TTチャンピオンの西薗良太選手、桁違いの速さでした。





そのセレクシオン南九州のメンバー。
ジャージに描かれた阿蘇五岳が見えるハズだが霞んでいて見えず。





今回の私の仕事は素晴らしい映像を世に送り出す一流のビデオグラファー
山村優介氏のドライバー、その合間に写真を撮影してました。





チェックポイント2ではMOZU Coffeeの江口さんが極上の珈琲を提供。
脚にスネ毛があるように見えますが泥です!ちゃんと剃ってます!(笑)





最強のアマチュアライダーの呼び声も高い白石真吾選手も
大阪のパナソニックチームで参戦、夜も大活躍でした(笑)。





ハードなコースだったのでトラブルも続出。
リアディレーラー(変速機)が折れチェーンを直結して走るもそのチェーンが断裂。
下りではまたがって行くも登りと平地では進みません。





チームメイトがバイクを押して行きます。
こんなラフロードで片手で押すなんて至難の業でしょうに。
そしてご本人は...





ラン!(笑)
素晴らしい結束を見せた鹿児島水曜会の面々でした。





感動のゴール!
コースディレクションをした丹野氏(画像中央)に敬服。
地元の私も知らない道を見事なコースに仕立て上げました。





プリティな女性チーム、FRT Kyusyuも無事完走!





福岡の正屋チーム。
以前、木魂館周辺でMTBのジャパンカップが開催されていたときに
参戦していた奥村選手が感慨深げでした。





海外からの参戦もありました。
阿蘇を堪能してもらえたでしょうか?





特にMcBeardさんは強烈です!(笑)
痺れるほど美しい写真を撮られます。





フォトグラファーのあの辻敬さんも参戦。
完走の証のスタンプをほっぺに押してもらってました(笑)。





100人以上が参加したアフターパーティーは画像の通り大盛況!
走り疲れているだろうに遅くまで盛上がりました。





ジェントルなスタイルでゴール時間ギリギリまで楽しんでいた
Team Galibeerの皆さん。
スタッフの窪田さん、市古さん、平野さん、須崎さん
各地から集まったボランティアスタッフ、ありがとうございました!





この最高のイベントを成功に導いたRaphaの衣本さんにお礼を述べたいと思います。
本当にありがとうございました!

参加されたライダーの皆さん、また是非どこかでお会いしましょう!
次回は私も走りたいと思います、そのときは優しくして下さいね!(笑)