記事タイトル

ありがとうございます!

本日、無事営業することができました!
予想より多くのお客様にご来店頂き、涙が出るほど嬉しかったです!

ケーキを取りに来る方がいるからゼロじゃない
数組でも来てくれたらいいなぁ..と思っていたのに
こんなに待っていた人がいたなんて驚きです!

昨日のブログでイチゴが手に入らない...と書いたら
阿蘇からnuts722さんがイチゴを持って来てくれました!
おかげさまで明日「春イチゴのパフェ」がご提供できます!





元々限定メニューですので数に限りがありますが
こうやってご提供できるのも皆さまのおかげです!
お見舞いや物資の提供なども頂き本当に感謝します!
応援ありがとうございます!


非常に肝を冷やした前震の翌日4/15(金)
諸事情でこの春から熊本市内の高校の寮で暮らす息子を迎えに行くのをヤメたのですが
その日の深夜、ピンボールのように身体が揺さぶられた本震があり
迎えに行かなかったことを非常に後悔しました。
携帯が繋がらない中、LINEで連絡がつき何とか無事を確認。

翌日の4/16(土)スコップ、ハンマー、ワイヤー、ロープ、杭、水に食料など
過酷な条件でも生き延びる装備を軽トラに積んで通れる道を探しながら熊本市内へと向かいました。





ドライブコースで人気のミルクロードも破損箇所が非常に多く通行に注意が必要でした。
二重峠から大津に降りることができないので旭志方面へ右折。
何回か自転車で走ったこともあるので慣れた道です、しかし目の前に信じられない光景が!





クルマより遥かに大きい石が道を半分塞いでいました。
(恐る恐る通ったこの道はその後通行止めに)
大津に降りてからはこれも自転車で走る裏道を駆使して渋滞を避け無事息子と再会。
刻々と変る状況に焦り、水と食料を寮に置いて出発。

あまり寝られなかったからかクルマに乗った息子はすぐに眠り始め
私の方にもたれかかって来ます、そうだよな緊張してたよな...。
一睡もしてなかった私も眠くなりましたが荒れた道が眠気を覚まします。
無事帰り着いた時の安堵感といったら..。

たった一週間前のことなのに遥か昔のことのようです。
そしてあの荒れたミルクロードも今日にはこんな風に!





物資を持って来てくれた国MTBコース管理人が同じ場所を撮影してくれました。
何もなかったようにキレイに舗装された道路。
工事の人たちが余震の続く中、作業をしてくれたと思うと
ホント日本人ってスゴい!と感動を覚えます。


まだまだ避難生活を余儀なくされてる方も多く難題が山積みで
周辺のみならず近県の宿泊施設の大量キャンセルの話を聞くと
この先やっていけるのか正直不安になります。

ただこうやって当店は営業再開することができ一歩前に進むことができました。
昨日までGWはどこかに出稼ぎに行こうか...と話していたのがウソのようです。
厳しい状況なのは変りませんがこんな小さな店でも立ち上がれるということを
応援してくれる人が多くいることを少しでもお伝え出来ればと思います。

お読み頂きありがとうございました。
 
 Tea room 茶のこ 店主 松崎 猛