記事タイトル

RIDE FOR KUMAMOTO

GW、無事終了しました。

普段から「無事」と書くことが多いのですが
今年は本当に無事で良かったと思います。

地震翌日の4/15(金)から休みだった息子の高校も
GW明けの5/9(月)に再開されました。
やっと日常が戻りつつあります。

ただ例年なら大勢のお客様が訪れる観光地とは思えないGWでした。
半分いけば良い方、聞いた話では恐ろしいことに1割というとこもあったとか..。
当店はおかげさまで地元のお客様、常連さま、自転車仲間に支えられ
(特に最終日は9割以上がサイクリストでした!)
奇跡的に3割程度のダウンで済みました。
しかしこれから梅雨にかけては、さらに厳しい状況に置かれることでしょう。

CHANOKOジャージのご注文ありがとうございました!
ネット通販に不慣れなためご迷惑をお掛けしております。
今週末に注文確定しますので追加・変更などございましたら
お早めにお知らせ下さい。

週末の7(土)8(日)に熊本阿蘇小国で開催された
チャリティライド「RIDE FOR KUMAMOTO 」の模様をお伝えします。

大分は?との声も聞こえそうですが
2014年に開催された Rapha Gentlemen's Race Oguni のこともあって
お世話になった熊本小国に恩返しがしたいとのことだったようです。

岐阜からスタートして京都、兵庫、広島と南下、7日目のライドが小国でスタートしました。
募金をすると美味しい珈琲とステッカーがモバイルサイクルクラブ(MCC)から提供されます。





今回はご自身も被災されたサイクリスト、山都町のチポリーノさんが
美味しいスコーンを提供してくれました、ありがとうございました!

いつもお世話になるここ、小国町 木魂館もGWの予約が全てキャンセルになったそう。
イベントで少しでも宿泊者が増えて良かったです。





右から熊本菊池出身のRapha Japan 窪田さん、東京から参加してくれた盆栽自転車店 吉田さん
コースディレクターのRaphaアンバサダー丹野さん、そして私、茶のこ
このときの模様がステキなブログに掲載されてます。

吉田さんの盆栽自転車店ブログ

丹野さんの
Peak Experience /RIDE FOR KUMAMOTO in Oguni : Day1
Peak Experience /RIDE FOR KUMAMOTO in Oguni : Day2

神奈川から自費で取材に来られた友人の産経Cyclist澤野さん。
いつも取材する方なのに小国ケーブルテレビに取材されてます(笑)。





今回CHANOKOジャージの件で大変お世話になった澤野さん
初日はCHANOKOジャージで二日目はRapha Prestigeにゆかりのある ちゃんぬジャージ姿でした。
コルナゴ部長や他のCHANOKO ジャージだった人も
申し合わせたように翌日はRaphaジャージでした、もちろん私もです!(笑)

さらになんと大阪からクルマで小国まで来て参加された方も!





あれ?ピンボケです...若い頃、自動車雑誌社で写真を撮っていたので
そうミスをすることはないのですが何故でしょう?
カメラを向けた時の反応に心を乱されたのかもしれません(ホンマすみません!)。

気持ち高らかにスタートしてコース序盤、前から走って来るサイクリストが..
あれ?ブリヂストンアンカーの西薗良太選手じゃないですか!





元全日本TTチャンピオンの理論派、西薗選手は
我がチーム、セレクシオン南九州のアドバイザーもお願いしてる仲なので
一緒に記念写真を撮ってもらいました!
サプライズゲストありがとうございました!


日田方面に向う国道212号線など一部通れない道がありますが
小国郷内の被害は少なく走っていると地震のことを忘れそうになります。





地震で被災された方もかなりの数参加されてました。
口々に乗るきっかけを与えてくれてありがとう!
気持ちが軽くなりました!とお礼をおっしゃって頂けました。



photo : atsushi tanno

心地よい新緑の中のライド、このまま最後まで一緒に走っていたかったのですが
開店時間が迫って来て泣く泣く途中離脱しました。
参加者の皆さんは最後まで大いに楽しまれたようです。


10日間で8回開催された「RIDE FOR KUMAMOTO」に
参加し募金に協力いただいた皆さま本当にありがとうございました。
サイクリストの機動力と行動力には目を見張る物がありました。
特に #RIDEFORKUMAMOTO で発信していただいた情報は
お金に換算できないほどの価値があると思います!

ライド参加総人数:476名
寄附参加:666名
寄附金総額:¥1,119,836

お預かりした義援金は小国町の北里町長に渡され協議の結果
小国・南小国の両町で分配され有効に使われることになりました。

最後に各地でライドリーダーを勤めてくださった方々
小国でライドリーダーを勤めたMOZU coffeee、VC Fukuokaの皆さま





そしてRapha Japan 代表の矢野さん、モトジさん、go goさん
ステキな写真をたくさん撮ってくれたLEEさん、そして前述の窪田ヒロくん
残念ながら小国には来られなかったスタッフの皆さま!
本当にありがとうございました!





今回は急な日程だったので予定が付かなかった方
被災して自転車が乗れなかった方
24時間勤務や休日なしの連続勤務で参加できなかった方が数多くいらっしゃると思います。

Raphaさまからステッカーをお預かりしておりますので
これを活かして継続した活動ができればと思っております。
そのときは皆さま、どうかまたお知恵をお貸し下さい。





心より感謝を込めて  

平成28年5月11日
有限会社 茶のこ 代表取締役 松崎 猛