記事タイトル

噴火

急に寒くなってきましたね。
先日まで冷房が必要だったのに心地よい秋をすっ飛ばされた気分です。
こんなときに重宝するのが毎年人気のマイクロフリースブランケット。





お気に入りの柄があると生活が楽しくなりますよね。
非常に肌触りの良い素材ですので手放せなくなります。
2サイズございます、100×150cmが税別2,000円。
150×200cm、税別3,000円です。


前夜の阿蘇噴火の知らせで三連休は静かなものでした。
幸いなことに小国方面に降灰はないのでこのようにオープンにすることもできました。





火砕流がそこまで来てる!くらい大げさな報道には辟易しますが噴火したのは事実。
風評被害、風評被害と言っても足が遠のくのは仕方がないと思います。
観光地なんですから良い環境のときに行きたいですよね。
私も大雨あとで濁った海なんて行きたくありませんから。

ただ地震からやっと復活しつつある阿蘇にとってこのタイミングはあまりにも痛い。
もう個人店には気力も体力もほとんどありません。
お気に入りの店があるならできるだけ足を運んでみてください。
通販を利用するのも喜ばれるはずです。

中には阿蘇なんて場所に住んでるのが悪いなんて言う人までいますが
古墳も多く数万年前の太古の昔より人類が住んでいた場所です。
阿蘇神社の神官の家系阿蘇家は皇室や出雲大社と同じく
火山神である健磐龍命の子孫として神代から続く系譜を持つ家柄です。
私の祖先も阿蘇氏の庶子と伝わってますが真偽のほどは不明です。

「アソ」というのはアイヌ語で「火の山」が語源とも言われてます。
昔から火山とともにあった阿蘇、これからも付合っていかなければなりません。





連休中、鹿児島から阿蘇を通って来た友人が「噴火ってどこですか?」と言ったのは
桜島の噴火が日常の人たちだからというだけではなかったようですが...。


そんな中、福岡から自転車でやってきた
アラフィフのオジさんたち、元気です!





こうやって多くの人に支えられてるとしみじみ感じるのがこんな災害のとき。
本当にありがとうございます、これからもどうか宜しくお願いいたします。