記事タイトル

九州Heaven Ride 2016 ライド編1

九州Heaven Ride 2016 チーム紹介のつづきです。

あっ!中には勘違いされてる方もいらっしゃるかもしれません。
カフェのブログです!念のため。

木魂館をスタートすると旧国鉄宮原線路跡を走ります。
最初からグラベル(未舗装路)の洗礼ですが
後になるとこの程度はベルベットスムースだということに気付かされます。



落ち葉の区間を抜けたら、もうすぐ舗装路。
国道沿いの「ゆうステーション」(旧肥後小国駅)です。



このようなイベントに出ようという方は、さすがに装備もしっかりしています。
そしてカッコいいというのも嬉しいですね。
ロードバイクは頭のテッペンから爪先まで公道に曝す乗り物。
格好には気をつけたいものです。

小国町から当店のある南小国町へ入ります。
私がここを走らせたかった!と思っていたトンネルです。



中学生の頃、同級生の家に遊びに行く時に通っていた
軽トラがギリギリ通れるくらいの道、なかなかの風情があり好きなんです。

そこから立岩水源に向うのですが
コースディレクターの宮本がすんなり行かせるわけありません!



そんな思惑を物ともせず笑顔で進んで行く鹿児島水曜会、松永軍曹。
日頃から、こういった道を走ることに慣れていてプロとも練習する実力者。
私は優勝の最有力候補と思っていました。

雨に濡れ落ち葉で滑る路面もマウンテンバイクの最高峰レース
SDA王滝を走ったことのある土橋塾ナイトライダー氏には何てことないでしょう!



ただでさえ、悪い道でこの天気。
パンクもしやすいですが、雨の中の作業はツライ!



Champion System YONEXアヤ嬢は女性だからといって甘えず
率先して作業をしていました、さずがブルベライダー。

ここを抜ければ第一チェックポイントの立岩水源です。
ホッとした顔で補給を受けていました。



まだまだ余裕はありそうです。
あれ?こんなところに漬け物工場の人が...



違った!MOZU coffeeのお嬢様方でした!
あれだけ普段はスタイリッシュな女性がここまでして走ってくれるんですから
本当に有難いです、ネタ的にも(笑)



今回は各チームにお土産をお願いしておりました。
すると色んなお菓子が集まって楽しいこと!
これを補給食としてキープしていたから完走できたとの声もありました。



補給を済ませ、ミーティングをするRCSCの皆さん。
この環境、このルートで女性がこれだけ走れるのだから感心します!
しかしこのあと、さらに過酷な環境が待ち受けていることに
このときは、まだ気付いていなかったようです..



笑ってられるのも今のうちです(笑)。

さて次はいよいよ感動のゴール編!...でしょうか?
できるだけ早く書くつもりですが、遅くなったら申し訳ありません!