記事タイトル

阿蘇サイクリストコンソーシアム

お正月までは暖冬で、スタッドレスに替えた意味ないやん!
と思っていたら一転して厳冬。
客足も遠のき、身も心も懐も凍えそうです(笑)

ただその寒さのせいでネコのササキさんも店にいることが多く
お客様には喜ばれています。



ササも読んでいる阿蘇市発行のフリーペーパー「ASOBO ASO/あそぼ あそ」が
WEBでも読めるようになりました!こちらからどうぞ。

本日、阿蘇市の取り組みである
第三回、阿蘇サイクリストコンソーシアム会議に出席してきました。

蒼々たる面々で、血と汗と涙でこの地位を得たであろう方々を前に
ヨダレと鼻水(失礼)を垂らしてきた程度の私が意見を言うのもおこがましいのですが
サイクリストの集うカフェという特性を生かし発言させていただきました。


photo Toshihiro Mitsui

延岡のストラーダ(子供用の足漕ぎ自転車)ショップ
Playing Factory Mitsuiも経営している自転車のスペシャリスト、ミッチーさんの自撮りを拝借。

画像左、阿蘇内牧でNao's BASEというショップを営まれてるプロライダーのナオさんは
昨年末、救急搬送されたのに早くも復帰、やはり基礎体力の違いでしょうか。
後遺症もなくお元気そうで良かったです。

少し隠れてクロスロードバイシクルの宮本さん
後ろにはコルナゴ部長にTrail Bucksの仲間さんの姿も。
これからも、このような有意義な会が継続されればいいですね。

全国、いや世界から観光客が訪れる阿蘇。
この地をもっとサイクリストにとっても良い環境にしていければ
結果、どの層の観光客にも魅力のある場所になるハズです。

昨年末、小国を走っていたサイクルツーリストに声をかけたら
フランス人カップルでキャンプサイトを探しているとのこと。
冬場は開いてないのと日本語ができないため店に泊まってもらいました。



翌朝はマイナス5度!暖かく過ごせて良かったと旅立って行ったRemyとElisabeth
バイクも装備も悔しいくらい格好良く、さすが彼の国の人という感じでした。


最後に雑貨のご紹介です。
「木と果 / KITOCA」消臭・芳香剤、容量90ml、税別1,800円



厳選したナチュラルな素材を集めた消臭リード(スティック)ディフューザー。
「木と果」は樹木からとれるフィトンチッドと柿の実から取れる柿渋の消臭エッセンス。
香りは天然精油を100%使用し、自然の香りをそのままに閉じ込めました。
本物指向の方へのプレゼントにも最適、もちろんご自宅用にも。


国道212号線、ミルクロード、菊池阿蘇スカイライン等
日中はノーマルタイヤでも(ロードバイクでも大丈夫なくらいです)
通行できますが朝夕は凍結の恐れがございます。
どうかお気をつけてお越し下さい!ご来店(切に)お待ちしております!