記事タイトル

春休み

ササの四十九日が過ぎてもお墓からお花が絶えることがありません。
皆さんに本当に愛されていたんだなと、痛感します。
中には、ちゅ〜るをお供えしてくれた方も。
この方はササに食べさせてくれたんですよね...。



ただ、ササの手触りや感触を忘れてしまいそうになります。
事故当時のことを思い出そうとしても、全部靄がかかったようになり
なかなか思い出せません、ただの老化なのかもしれませんが(苦笑)。



友人のターザン氏チャリダーしらいし氏もお参りにきてくれました。
娘さんたちもササのことを好きで遊んでもらってました、ありがとうございました。


娘さんと言えば近頃、常連さんに小学生の女の子がいるんです。
地元の小学生の女の子たちが雑貨を見たり、お茶をしたり。
私の頃だと考えられません!南小国にカフェなんてなかったですし(笑)

正月明けだと五千円札を持ってたりして今どきのお年玉ってこれくらいもらうんだ...
と岩倉具視の500円札がメインだった私たちとのジェネレーションギャップを感じたり(笑)。
そんな子たちが帰ったあとのテーブルの様子。



キチンと食器が並べてあって食べ方もキレイなんです。
よく最近の若い子達は...と言う大人が居ますがマナーも子供たちの方が上のことが多いです。
それが出来てないときは、その親が出来てないから。

でもこうやって(ホントの)女子会をやってくれるのは嬉しい限りです。
うちでは90代のカワイイおばあちゃんたちも女子会をするのですが
話してる内容は「もう◯◯ったら」とか「あの先生は..」とかで
今も昔もほとんど変らないんですね(笑)。
しかし女学校時代の先生って、きっともうご存命じゃないでしょうに...。


春休みというのに山では雪が積もって朝の通勤に支障がでたとか。
私もまだサマータイヤに戻せないでいます。
早く暖かくなって花見がしたいものです。
あっ、花見ってやったことないんですけどね、お酒飲めないですし(笑)

週末の気温も上がりお天気は良さそうなので、観光地は賑わいそうです。
皆さま、どうかお気をつけてご来店くださいませ!