記事タイトル

ヘブンライド 2018コース編

例年に比べると暖かい日が続いてます。
週末にかけては最高気温が二桁と12月とは思えない陽気になりそうです。
生活する分には有難いですが、ウィンタースポーツ系などは頭が痛いでしょうね..。

年末と言えば、Festive500。
寒くて忙しい12/24から31までの8日間に500kmを走ろう!というイベントです。
確か、数年前に1000km以上走った友人もいたなぁ..。



Instagram に#Festive500 のハッシュタグをつけて投稿すると
豪華商品がもらえるチャンスも!詳細はこちらから。
当店でポストカードとブルベカードを配布しております。
枚数に限りがございますので、お求めの方はお早めに。

オータムメニューからレギュラーメニューに戻って
人気の白玉団子も復活しております。



熊本県産の最上級白玉粉に国産のきな粉、十勝産のあんこを使い
茹でたてでご提供いたしますので少しお時間をいただきます。
定番のお抹茶、それにコーヒーもよく合うのでご一緒にどうぞ。


産経スポーツのサイクリストさまに九州Heaven Rideの記事を
取り上げていただいたのをご覧いただけましたか?
反響が大きく、週間アクセスでも1位を獲得したとか、有難い話です。
その内容はこちらからどうぞ。

さて、そのヘブンライド前回からのつづきです。

小国町北里の木魂館をスタートした19チーム。
西里を過ぎ、湯けむりが満ちた岳の湯温泉の中を走ります。



あれ?chanoko-maroonの人のお尻から煙が..。



と言うくらい、あちこちから湯気が立ち昇ります。
天気も良く気温も上がってきたのでウェアの調整をする人も。
この後は小国らしい、杉林の中を抜け大分県に入ります。



最初の未舗装路(グラベル)区間が待ち受けてますが
ヘブンライドに出場するレベルの人たちには何てことない道。
実際テクニックが身につくのか、ヘブンライダーの落車は多くありません。

やまなみハイウェイに入ると極上の景色が待ってます!
シーズンオフだと道も走りやすくオススメです。



第1チェックポイントが近づいてきました。
通過確認サインをして参加者が持ち寄った各地のお土産を頬張ります。
ファーストステージの前夜祭で飛ばし過ぎたのか、厳しそうな顔をする参加者も。
それって自業自得ですやん..。



遠方からの参加者も多いので色んなお土産を楽しめます。
ヘブンライドは皆で作るという精神がこんなところにも垣間見えます。
ただ、北九州の堅パンは堅過ぎて食べるのに疲れるからか人気薄のよう(笑)。



皆が素敵な笑顔で心から楽しんでるのが分かります。
まぁ、2016年の5度以下の雨という極悪の環境下でもこの笑顔でしたが..。


九州Heaven Ride 2016 第1チェックポイントにて

これは寒過ぎで壊れていたのかもしれません。
でも、こんな過酷な天気の方が喜ぶ人も一定数いるのがこのイベント。
晴天で暖かいという予報に残念がる人がいるですからオカシイです。



初冬というより晩秋のような景色の豊後路をゆく参加者。
この先に第2チェックポイントが待ってます。



補給を済ませ群馬グリフィンの狩野GMと記念撮影をする熊本合同チーム。
基本、各チームが別々に走ることになっているのですが
仲間がリタイアしたので急遽、共同戦線を組んだ模様です。

満面の笑みで写真に収まるを彼らにこのあと最大の難所が待ち受けていることを
このときは知る由もありませんでした..。

次回はいよいよ感動の(?)最終回。
「激闘!ユノヒラベルグ」をお送りいたします。




ここで年末年始の営業予定のお知らせです。
年末のお休みは27(木)と大晦日。
明けて元日より8(火)まで休まず営業致します。
1 / 9(水)10(木)はお正月休みをいただきますのでご注意ください。


***************************************

営業時間/11:00〜17:00
店休日/毎週木曜
12/31はお休み
明けて元日から8日まで休まず営業いたします


Facebookページ / Tea room茶のこ
Instagram / chanoko_aso
Instagramロードバイク用アカウント / t_chanoko