記事タイトル

九州Heaven ride 2019 最終章

ほとんど告知もしてないのに多くのお客様にクリスマスケーキの
ご注文いただきありがとうございました!

中にはバースデーケーキのご注文もあります。
お店によっては対応できないと断られる場合もあるとか。
分からないでもないですが、ちょっと悲しいでしょうね。

今回のブログ、九州Heaven ride 2019の最終章をお送りしますが
その前にお知らせです。

当店は早いもので来年、20周年を迎えます。
そこで初代chanokoジャージ20周年記念復刻版を販売いたします!


注)ロゴの位置等、若干変更になります。


半袖ジャージ 10,000円
長袖ジャージ 11,000円
フリースジャージ 16.000円
ウィンタージャケット 20,000円
ウィンドブレーカー 11,000円


注)お尻のロゴが小さく、裾のオレンジの幅が大きくなります。

ビブショーツ 12,000円
ハイグレードビブショーツ 17,000円
ビブニッカー(裏地フリース)17,000円
スキンスーツ 22,000円

全て価格は税別です。
ご注文締切は急なのですが来週の火曜、12/24。
ご入金は今月中が難しいようでしたら年明けでも対応いたします。
店舗でのお支払いのみカード払いも可能です。



サイズはこの表をご参照ください。
お届けは1月末予定、皆さまのご注文お待ちしております!

さて、前回のつづきです。

CP3からCP4の鯛生金山までは車の通りが少ないルート。
前半は下り基調、後半はなかなかのヒルクライム。
私は先回りしたので、走行写真があまりありません。

でも津江のこんな場所があるのをご存知ですか?
「黄金の滝」

その昔、金が採れたから黄金の滝と呼ばれたのだとか。
かの棟方志功もこの滝を版画にした景勝地...



なのに黄色い軍団は颯爽と走り去っていきます(笑)。
ですよね、国道からあまり見えないですものね。
紅葉の時期、下からの眺めは黄金色なのかもしれません。

土橋塾..もとい熊本輪事国会も
バイク乗りらしく見事なフォームで駆け抜けていきます。



第6チェックポイントは道の駅 上津江。
ヘブンの楽しみのひとつに各チームが持ち寄ったお土産が用意されたエイド。



各地から参加者が集うイベントなのでバライティに富んでます。
中にはお気に入りのお菓子がを見つけ取り寄せする人まで。
ただ北九州の堅パンは今年も人気がありませんでしたね(笑)。



チームが到着するとサインをしてから補給に入ります。
各チームが互いの健闘を讃え合う姿が美しいです。
そして「ないわ..!」とコースディレクターの悪口を言うのもいつも通り(笑)。
あっ、どうやらご立腹されてる方もいるようです。



ですよね...ってbeki_trekさん、さっきまで笑顔でしたやん!
やっぱり私の顔を見てムカついたのでしょう(笑)。
おっ、さすがオフロードに慣れたエイル宮崎のメンバーは余裕のようです。



シクロクロスバイクはグラベル区間はいいのですが
登りでは重さが災いして、苦労される方が多いです。
しかし、乗り手が乗り手だとそれもクリアされるよう。



クランクブラザーズのエッグビーター(泡立て器)ペダルは
ロードで見かけることは、まずないですね。

ここから終盤です。
わが町、南小国に入って細い道を抜ければもうすぐ..。
のハズですが遠回りするグラベル区間が待ち受けてます。
ここも藪になっていたのを草刈りしたよう..
そこまでして走らせたいか、ルート班(笑)。

この区間の写真もありませんが、前のグラベルに比べたらベルベットのようと
走った人たちは言ってました。
ただ入り口が分かりづらいので、スルーしてしまったチームも。
中原のトンネルを越えれば、CP7の茶のこは目前です!



店に着くと続々とチームが入ってきます。
RaphaのウエアでバッチリキマったONE OFFと記念撮影。



..って私、ここまで白くないですよね?
まるで女優ライトで照らされてるよう(笑)

ここまで来るのにクランクに草が絡まったバイクも。



他にも杉の葉や泥が詰まったバイクなど
ロードバイクと思えない姿をしたものがたくさん。
それなのに皆、笑顔です。

最終チームが到着した頃には日が暮れて真っ暗。



ショートカットを選択するチームも出る中
NEST熊鹿長は最後までルートを辿りゴールを目指します。



暗闇の中、煌々とライトを照らしヘブンライダーたちが帰ってきます!
最後に帰ってきたのは、あれ?ショートカットしたハズの土橋塾2。



初参加のメンバーでしたが最後まで楽しんでくれたようです。

参加23チーム中、完走18チーム。
最短走行時間「のののののじ」6:43。
最長10:14、リタイヤ1名。


今年のヘブンライドは最凶のグラベルがあったにも関わらず
怪我人も出ず、主催者としてはホッとしております。
志の高い参加者の日頃の鍛錬の成果だと思います。

実は今回、私が関わらずにHeaven Rideを開催してもらおうとスタッフに相談したのですが
私あってのヘブンとの声に最後のアナウンスをして終わりにするのが筋だろうと思い直し
7th Heaven と銘打って開催いたしました。

最初はこじんまりとしたイベントとして始まった九州Heaven ride。



どんどん参加者が増え、今回も群馬、埼玉、東京、神奈川、大阪、広島、山口と
九州以外からも数多くご参加いただきました。
それぞれの視点は #kshr2019からどうぞ。

今回で一旦休止する九州Heaven rideですが
またいつか違った形で皆さんと同じ時間を共有できればと思います。





今まで関わってくれた最高のライダーたちとスタッフ
このような企画を持ちかけてくれたクロスロードバイシクル宮本代表に
最大級の賛辞と最上級の感謝を。

2019年 12月
茶のこ 店主 松崎 猛



来年より「ヘブンライダー クウガ」がはじまります!
よい子のみなさん、どうかお楽しみに!(そんなのありません)


***************************************

営業時間/11:00〜17:00
店休日/毎週木曜
大晦日は休んで元日より営業

Facebookページ / Tea room茶のこ
Instagram / chanoko_aso
Instagramロードバイク用アカウント / t_chanoko

九州Heaven ride 2019 酷道編

自転車ばかりの内容ですがカフェのブログです、間違ってません!
12月のお休みは19(木)26(木)31(火)です。
明けて元日より営業いたします、どうかご利用くださいませ。

九州Heaven ride 2019こちらのブログが完結する前に
自転車メディアCyclistさまに取り上げていただきました。
コルナゴ部長の寄稿ですので読み応えあります、こちらも是非。

さて、前回の続き。
スタートしたヘブンライダーたち、いつもでしたら指定されたルートを走るのですが
今回は有人チェックポイントまではルートがフリー。
ただしセルフチェックポイント2箇所通過する必要があります。



それでも何通りものルートがあり、最短距離を行くチーム、走りやすいルートを行くチーム
なぜか標高を稼ぐチームや、迷ってグラベルに突入するチームまで。
地図上では分からないのですが、工事中でグラベルになっているところもあり
案の定、数チームはそこを走ってました(しめしめ)。



セルフの第1チェックポイント(CP1)は蜂の巣公園。
この蜂の巣公園というのはダム建設反対派が蜂の巣城という
砦を築き闘争を繰り広げた有名な場所。
60歳以上の方でしたら、ご存知かもしれません。

ここで黄色いチームは早速メンバーとはぐれた模様。
「ふたりで逃げたんですけど、後続が..」ってこの人たちは練習会と勘違いしてる?
ヘブンライドはチームでまとまって走るというのが原則なのに。
それも後続には実家に帰るのに迷うような人がいるんですよ!

ほどなくして合流できたようで、ひと安心。
数年前はサイクルコンピューターが「オフコース」と表示したのに
もちろん!の「of course!」と勘違いしてそのまま進み20kmほど余計に走った前科があります。



そこからも大回りのルートと最短ルートがあるのですが
ほとんどは最短をセレクトした模様。
ヘブンらしい濡れ落ち葉で埋め尽くされた狭いルートを登っていきます。



杉林の途中、日が射して本当に天国に召されるんじゃないかと心配。
あとで、この道が天国だったと思い知らされるんですけどね。



無人チェックポイント(CP2)は酷道への入り口。
「通行困難」や「自動車通行不可」との脅し文句が並びます。
そう、これでも県道なんです。



女性だけで構成されたカモメスクワッドが楽しそう(?)に駆け抜けて行きますが
これ県道です。



2013年の最初のヘブンライドのときに試走したのですが
当時まだウブだった私にはあまりに過酷で遭難しそうになりました。



今より看板が綺麗な気がします...。
そして今年よりかなり寒く道はこんな具合でした。



ロードバイクで走るとこじゃない!死人が出る!と思ったものですが
今の参加者だったら喜んで走るんでしょうね..。

あらためて、これほど酷道の名が相応しい(県道だけど)道もないんじゃないでしょうか?
途中は四駆の軽トラも通れない区間があるので迂回して出口側に回ります。
するとそこは広大でカラッとした景色に。



こんな道でも隊列を崩さずヒャッホー!と走り抜ける「のののののじ」のメンバー。
シマノドリンキングの白石選手は押した区間は10mほどとのこと。



今ではロードのイメージが強い彼ですが学生の頃
U-23のMTB世界選手権出場経験があるくらいオフロードもエキスパートです。

CCCP、通称イノシシの おくつよ選手がグイグイと走ってきました。
さすがスプリンターは違う!と思ったら枝を巻き込んでリアディレイラーを破損
チェーンを直結にして固定ギアで走ってきたそう。



この入り口で「枝がリアディレイラーに..」なんて私が彼に声をかけたせいでしょうか?
私の責任ではないと思いますが、とりあえず形だけは謝っておきました。

私の前でわざわざこんな格好をする人も..



あざといので無視しようかと思いましたが(笑)
この区間を走り抜けたご褒美に掲載しました。

そして以前アスセイバーを落とさなかったと尋ねると
先週たまたまここがコースになるとは知らずMTBでここを走って落としたとのこと。
この先にぶら下げて置いたので回収してね!と伝えました。



無事、持ち主の元へ戻ったのか?
紆余曲折あった顛末はこちらをどうぞ。

おーっ!黄色い軍団も揃って来ました!
よかった、よかった!



でも顔色が冴えないような、何かあったのでしょうか?
酷かった道ももうすぐ終わり、この先のCP3でサインをして補給を受けます。



するともう1台、枝を巻き込んでリアディレイラーを破損した方が。
chanoko maroonの協力な助っ人さんじゃないですか!



こちらはエマージェンシーディレイラーハンガーでの補修も叶わず
走行不能になり回収されることに。
それでも、ここをシューズカバーがボロボロになるまで
足で走って来たのですから流石です!



昨年に続き今年もchanoko marronは
メンバーを見捨てて走り去って行くのでした...。


この先、どのような試練が彼らを待ち受けているのか!
次回、いよいよ感動の(個人差がございます)最終回。
どうかお楽しみに!

つづく。



いやぁ、やっぱこんなとこロードバイクで走るのおかしいよね..?


***************************************

営業時間/11:00〜17:00
店休日/毎週木曜
大晦日は休んで元日より営業

Facebookページ / Tea room茶のこ
Instagram / chanoko_aso
Instagramロードバイク用アカウント / t_chanoko

九州Heaven ride 2019 チーム紹介後編

あらためて年末年始の営業予定です。

大晦日のみお休みをいただいて
元日より8日まで休まず営業いたします。
皆様のご来店お待ちしております。

さて、前回からのつづきです。

九州Heaven ride 2019
8時36分に13番目の、このチームがスタートしました。

13.RCSC
山鹿の大藪サイクルの顧客チーム。



正確なルート解析で人間ナビと呼ばれるリーダーに
昨年はこのような準備をしていた事務職なのに工場長と呼ばれる男をはじめ
堅実なメンバーが固める実力チーム。



このCO2ボンベのさらなる進化版をひっさげての参戦。
呆れるような内容は(褒めてます..って褒めてないか?)こちらに詳しく書かれています。
見ても何の得にもなりませんが、話のネタにどうぞ!(笑)

14.チーム コルナゴ部長
阿蘇といえばこの人、ご存知コルナゴ部長。
私とはBeachカバニョーロ10%で一緒だったのですが
そのチームの創設メンバーのサルトさんも東京より参戦。



さらに元U-23アジアチャンプのKinoFit 木下氏にCyclistの澤野編集長
道の駅 阿蘇の下城理事と豪華メンバーで挑みます。

15.Team chanoko
当店の名を冠してますが、即席チームです(笑)。



20代から50代、長崎、福岡、群馬に脚質までバラバラのメンバー。
壱岐やヒルクライムでも優勝経験のある岩男さんの暴走を止めることができるか?
「えっ、登らないんですか?」KENT氏のリーダーシップ次第でしょう。
chanokoジャージのヴァージョン違いでの参戦です。

16.NEST 熊鹿長
例年参加している諫早のサイクルフレンド タカタの
サヤ店長は今回スタッフとして参加。



そこでNEST長崎ならず熊と鹿の応援が入って花札の役のような名前に。
三桁体重の登れるデブ(本人談)のグラベルライド次第では四光となれるかも!

17.CCPP
福岡を拠点とするレース派チーム、通称イノシシ。



昨年は二日酔いという体調不良でリタイアしたメンバーにご立腹のリーダーが
スプリンターの意地でグイグイとチームを引っ張っていくものと思われます!
ここも毎年ネタが多めなので、そっちも期待(笑)。

18.エイル宮崎
その名の通り、宮崎より参戦のチーム。



MTBを乗りこなすメンバーなので、グラベル区間はお手の物でしょう。
コースでは滑らなくても前夜祭では確実に滑るので要注意。
あとは前夜に飲み過ぎないかが..(笑)。

19.セレクシオン南九州
鹿児島を中心とした南九州をベースにする実業団チーム。
実は店主も所属していてジャージデザインも担当してます。



世にアラン・プロストやローラン・フィニョンなど
プロフェッサー(教授)と呼ばれるアスリートはいますが監督は本物の教授。
海外出張も自転車持参なので、遠征のように思われてます。
あまりグラベルが好きでないチームですが最後ということで参戦してくれました!

20.チームGINRIN熊本
九州を代表する武闘派チーム。



ただ脚は文句ないのですがルートを逸れても突き進み
すぐにメンバーで千切り合い(契り愛)をはじめるので始末が悪い。
今回も沖縄決戦仕様のバイクで来たりとこれじゃない感、満載です。
ちなみに当店もスポンサーに名を連ねてます。



21.水曜会(ウラスイヨウカイ)
朝練チーム水曜会の中で夜にも乗るメンバーが集結。



この手のイベントには強いメンバーが揃っているので後方スタート。
半パンで走る気合いの入れようもあって期待大!
(寝坊で準備が間に合わなかった説)

22.セレクシオン南九州(BLK熊本)
セレクシオンの名前で出ているがその実、BLK Racing Kumamoto。



1週間前に発表されるコースを詳細に研究し、ミス一つなく走る姿に
「面白くない」と特にスタッフ内でアンチが多い北の湖的な(分からない?)チーム。
今は仕事が忙しく乗り込めてないとのことですが、後ろから2番目のスタートです。
下に着ているBLKジャージは加藤清正の甲冑をモチーフにした店主デザイン。



23.のののののじ
山口のHRTにNHKチャリダーで一躍有名になった
シマノドリンキングの白石選手が加わった最強チーム。



スタートに並んだ時点で誰も足をついてないというチームワークを見せます。
実際見ても惚れ惚れするような揃った走りでした!
あまりにも速く帰り着いて、主催者が戻る前に帰途につくのが恒例になってますが
今回はどうだったのでしょう?

23チーム中、7チームが店主デザインのジャージという身内感が漂ってますが
それでも走りの結果に忖度するような主催者ではありません。



幸か不幸か曇り雨の予報だったのに朝日が差す中
全チームスタートしていきました。
このときはまだ、あんな極悪なコースが待ち受けているとは知らずに..。

つづく。


***************************************

営業時間/11:00〜17:00
店休日/毎週木曜
大晦日は休んで元日より営業

Facebookページ / Tea room茶のこ
Instagram / chanoko_aso
Instagramロードバイク用アカウント / t_chanoko

九州Heaven ride 2019 チーム紹介前編

本日よりレギュラーメニューに切り替わっております。

秋限定のマロンパフェも好評のうち終了いたしました。
多くの方にご注文いただき誠にありがとうございました。

さて、もうイベントから1週間過ぎても紹介しきれてないこのブログ。
参加者たちを襲うヘブンロスと呼ばれる現象が治るまえに前回からのつづきをお送りします。

スーパーエグゼクティブディレクター(もうなんでもいいや)を仰せつかってる
私の最大の仕事はスタート順を決めること、これが終われば9割は済んだも同然。
ただ走力がわからない人やチーム内のバランスでも変わるので腕の見せどころ。

8時から3分おきにスタートするので最終スタートは9時6分。
最初と最後のチームでは最大1時間もの差が出るのですが
ゴール締め切りは一律18時なので前半のチームの方が時間に余裕ができます。

今年のチーム紹介をいたしましょう!

1. 還暦X-RB



共同主催者でコースディレクターの宮本が営むクロスロードバイシクルの顧客チーム。
その名の通り還暦のメンバーがいるのですが
元レンジャー部隊の教官なので最悪遭難しても大丈夫...?

2. Kamome Squad



麗しき女性だけのチーム!
ハウト氏がデザインするカモメジャージは世界でも人気。
Squad/スクワッドは元々、分隊という言葉でチームは仲良しという意味合い。
女性のみでこの難コースを乗り越えられるか?
ちなみにplatoon/プラトーンは小隊です。

今年で5回目の参加のマトリックスパワータグの狩野選手は
最初にこちらのチームと一緒に走ってもらいます。



走り方やレースのことなどトップレベルのベテラン選手から
色々話を聞けるのもこのイベントの醍醐味です。

3. ONE OFF



ワンオフという即席な名前にしては常連になってきたこのチーム。
今年は他チームからの合流やゲストの神楽坂つむりさんも迎え
さらに個性が強まってます。

4. 土橋塾2



今年、土橋塾は2チーム体制。
長崎と福岡、初参加の面々がどれだけの走りを見せるのか!
準備万端..えっ?スタート時間にバイクも用意しておらず
ヘルメットも被ってないチームってヘブン初なんですけど。
どうやら前途多難のようです(笑)。

5. Cycle Pistols



ヘブンライドのために自転車に乗ってる!と公言するヘブン愛に溢れたチーム。
本番より困難な道を見つけては練習会を開く徹底ぶり。
この日のために埼玉から福岡に帰ってきたメンバーも。
練習の成果を見せてもらいましょう!

6. chanoko marron



昨年、脚のなくなったチームメイトをあっさりと捨てた北九州のチーム。
今年もchanoko アンバサダーの谷村氏の非情な采配を見ることになるのか?
強力な助っ人を迎えたようですが、メンバーとの距離感が気になります..。

7. BLUE GRASS



このチームなくしてヘブンは語れないブルーグラス。
初回の2013年は3つのチェックポイント全てスッ飛ばしてゴール。
そんな暴走気味だったかつての面影はなくメンバーは全て入れ替わっての参戦。
リーダーのVC Fukuoka ゴージン先生の導きがあれば迷走チームに贈られる
KOBG(King of Blue Grass)を自ら獲得することはなさそうです。

8. North Wish



2015年の第3回大会に北九州のショップの紹介で参加するようになったチーム。
ほぼ友人限定のイベントだったのが外部の人にまでで聞こえるようになったのかと感動しました。
年齢層高めで闘病生活者ばかりという満身創痍のこの面々。
ヘブンがなくなるとリハビリに支障が出るので困ると言われ、こちらが困ってます。

9. voyAge cycling team / k



広島の実業団チーム、ボヤージュサイクリングに大阪からのゲストを迎えたチーム。
k氏は前日、フェリーで大分入りしそこから小国まで自走。
極悪リーダー、E-1横手の元で女性2人とk氏が耐えられるかがポイントです。

10.土橋塾あらため熊本輪事国会



カリスマ理容師 土橋塾主宰率いるチーム。
広報部長のナイトライダー氏と共に数多くの小ネタの提供をしてくれる。
今回もその全てを紹介できないのが残念、これを楽しみに参加される方も。
そしてもちろん、広報部長はお約束の当日不参加(笑)。

スタート前にグダグダしていて結局2チーム同時にスタートとなりました。
ホント、ネタだらけ。



11.水曜会



私も所属していた大牟田荒尾をベースとする朝練チーム。
ジャージのデザインをしはじめたのは、この水曜会からです。
以前、立ちごけで骨折した姐さんが雪辱を果たすべく参戦。
ムードメーカーの五島在住のニューヨーカー、ウィルもポイントでしょう。

12.Chihaya Cycle Cluster



福岡の正屋の岩崎社長より「お客様で参加したいという方が..」と夏に連絡が。
いいですよ!と軽く答えていたのですが
要綱は出来てますか?との再度の連絡に本気を実感。
初参加のチームですが中盤のスタートにしました。
ガチのレース勢ではありませんが、やってくれそうな予感がします!(テキトー)

次は13番目のRCSCですが今回は最多の23ものチームが参戦。
紹介が長くなるので、次回後半へと続きます。
乞うご期待!

(おいおい、まだスタートもしてないぞ..今年中に終わるのか?)


***************************************

営業時間/11:00〜17:00
店休日/毎週木曜
大晦日は休んで元日より営業

Facebookページ / Tea room茶のこ
Instagram / chanoko_aso
Instagramロードバイク用アカウント / t_chanoko

年末年始の営業と九州Heaven ride 2019 序章

年末年始の営業予定です。

大晦日のみお休みをいただいて
元日より8日まで休まず営業いたします。
どうか、ご利用くださいませ。

「世の中には2種類のサイクリストしかいない。ヘブンを走ったか、いないか」
..ということで今年もHeaven rideの模様をローランド松崎がお送りいたします。
ただ「ジャージばかり着ていたら、ジャージが似合う人間になっていく」は
サイクリストにとって褒め言葉です。

昨年、サンスポ Cyclist に掲載された九州Heaven ride 2018の記事はこちら
今までの九州Heaven rideの経緯はこちらからどうぞ。




先日のイワイスポーツサイクル100周年パーティーでご一緒した同じ歳の
元XC全日本チャンピオン、アテネオリンピック代表の竹谷賢二さんと。
竹谷さんは小国の木魂館で開催されていたMTBのJシリーズでチャンピオンになったこともあり
この九州Heaven rideのことに非常に興味を持ってもらえました。

今年もその木魂館スタート。



前夜祭が盛り上がりすぎて寝不足や二日酔いの人たちもいましたが
そこは志の高い「ヘブンライダー」の諸氏、着々と準備が進みます。
私も前夜1時過ぎまで和田教授KinoFit 木下氏、土橋塾長チャリダーしらいしGINRINソトムと
焚き火に当たりながら飲んでたので(酒は飲めませんが)人のことは言えません。



昨夜、Di2のトラブルで変速できなかった彼女も機材を提供してくれる参加者と
サイクルフレンド タカタのサヤ店長の尽力もありスタートラインに立つことができました。

おや?この寒空の下でタンパーニなのは日本全国の峠道をロードバイクで走ってアーカイブする
え!?登らないんですか?」のKENT氏じゃないですか。
こんなとこで何やってるんですか?



え!?走るの?それもTeam chanokoで?
どうかお気を付けて。

chanokoジャージユーザーでもあるカリスマインスタグラマーベキ子
今回はあの伝説のBlue Grassから初参戦。





たのんでもないのに生着替えを披露してくれました。
..って下もジャージかよ!(笑)

準備に勤しむコルナゴ部長Cyclistの澤野編集長。



Rapha アンバサダーのヒロマミの姿も。



今年で5回目の参加のマトリックスパワータグ 狩野選手と記念撮影。



このコースにピッタリなピナレロ GREVIL+も参戦!



今熱い、北里柴三郎博士のパネルが飾られた
木魂館、大会議室でライダースミーティングを済ませたらスタートを待つのみです。



さあ、第7回九州Heaven ride。
7番目の天国へと旅たつことにしましょう!

つづく...のか?


***************************************

営業時間/11:00〜17:00
店休日/毎週木曜
大晦日は休んで元日より営業

Facebookページ / Tea room茶のこ
Instagram / chanoko_aso
Instagramロードバイク用アカウント / t_chanoko

12/1(日)は販売のみの営業となります

営業内容変更のお知らせです。
12/1(日)はカフェはお休みで販売のみの営業となります。
どうかご了承ください。



第7回、九州Heaven Ride開催のためですが
今日はそのコースチェックにに行ってきました。
ホントにこのルートを走るんですか..(人ごと)。

昨日申し込みは締め切られましたが参加メンバーが豪華なんです!
元アジアチャンプに沖縄チャンプ、メーカー開発、メディアの編集長
Raphaアンバサダー、有名ブロガーからカリスマインスタグラマーに宇宙物理学の教授まで!
もちろんマトリックスパワータグの狩野選手も参加します。

私が主催する九州Heaven Rideは一旦区切りをつけますが
また違う形で開催できればと思います(知らんけど)。



小国は日中は暖かいのですが朝夕の冷え込みが厳しくなり
冬を感じる毎日となってます。
下城の大銀杏もすっかり葉っぱが落ちてしまいました。



黄色い絨毯の上をサクサクと歩くのも気持ちが良いものです。
でも横で見つめるこいつは何なのでしょう...。



それでもこの世で最も邪悪な一族の末裔か!
焼き払え!と言っても無理でしょうね(それじゃない)。


今月中は秋の限定メニュー「マロンパフェ」を提供予定です。
定番のケーキセットもプチリニューアル。
内容はお店でご確認ください、これまた美味しいですよ!

みなさまのご来店お待ちしております!


***************************************

営業時間/11:00〜17:00
店休日/毎週木曜
12/1(日)は販売のみの営業

Facebookページ / Tea room茶のこ
Instagram / chanoko_aso
Instagramロードバイク用アカウント / t_chanoko